オンライン中国語教室「CCレッスン」の「毎日プラン」について生徒目線から解説

CCレッスン

今回は、CCレッスンの一押し料金プラン「毎日プラン」について、
詳しいプランの内容と、予約システムについて掘り下げて解説しようと思います。

一番最後に、予約にまつわるちょっとした裏技的なことを紹介したいと思います。

この「毎日プラン」はCCレッスンの料金設定において一押しのプランであり、
ひと月のレッスン回数と料金において圧倒的にお得であるため、誰でもまず最初に検討するプランです。

歩々
歩々

私も毎日プランです

お得な料金でたくさん授業が受けれて、言うことないですね。
毎日プラン一択でしょ。

間違ってないですがちょっと待って下さい。
その前に押さえておきたいポイントがあるんです。

毎日プランの良い所と知っておいた方がいい所を説明しますので、この記事を読んであなたのプラン決定の参考にして下さいね。

スポンサーリンク

毎日プランは大きく3種類ある

毎日プランとまとめて言っていますが、大きくわけると3種類、細かく分けると更にそれぞれ4種類に分かれます。
まずはそこを確認しましょう。

毎日プラン(365日すべての日が対象)

まず毎日プランは365日すべての日が対象です。
CCレッスンにはGW、お盆、年末年始、などの休みはありません。
このプランを選んでいれば、毎日ずっと授業が受けれます。

そしてそれぞれ1日の授業時間によっても細分化されています。

  • 毎日25分プラン(1日1レッスン):月額8,900円
  • 毎日50分プラン(1日2レッスン):月額13,900円
  • 毎日75分プラン(1日3レッスン):月額19,900円
  • 毎日100分プラン(1日4レッスン):月額23,900円

平日プラン(月火水木金が対象)

平日プランとは、その名前の通り、平日のみが対象のプランです。
平日と名前がついていますが、祝日も月火水木金であれば対象です。

  • 平日25分プラン(1日1レッスン):月額7,500円
    平日50分プラン(1日2レッスン):月額11,500円
    平日75分プラン(1日3レッスン):月額16,500円
    平日100分プラン(1日4レッスン):月額19,500円

週末プラン(金土日が対象)

週末プランとは、金土日が対象のプランです。
金曜日も対象なのが嬉しいですね。

  • 週末25分プラン(1日1レッスン):月額5,200円
  • 週末50分プラン(1日2レッスン):月額8,200円
  • 週末75分プラン(1日3レッスン):月額11,200円
  • 週末100分プラン(1日4レッスン):月額13,200円
スポンサーリンク

毎日プランのメリットと押さえておきたいポイント

3種類の毎日プランを復習したところで、このプランのメリットと押さえておきたいポイントを説明します。

毎日プランのメリット

とにかく料金設定がお得

まずはやっぱりこれですね。
がんばれば頑張るほど、1レッスンの金額は安くなります。
毎日100分プランの方は、もう日常の半分以上は中国語に浸かっている状態になるのではないかと思います。

様々な先生の授業を受けれる

CCレッスンに在籍する先生は400人以上います。
毎日プランを選択する人は、様々な先生の授業を受ける機会が多くなるでしょう。
いろんなタイプの先生の授業を受けることも上達につながると思います。

月額料金なので権利を放棄するのがもったいないから頑張れる

月額料金をすでに支払っているので、無駄にしたくない、お金がもったいない。
そんな脅迫概念にも襲われ、毎日プランなら毎日かかさず受ける。
「払ったお金の分は権利を行使するぞ!」と無理やりでも頑張れます(笑)

毎日プランの押さえておきたいポイント

さて、メリットを説明した後で、ここからは毎日プランの押さえておきたいポイントを説明します。

1日100分プランとは、同じ先生から連続して100分受けるということではない

ここでは仮に、毎日100分プランを例にして説明します。
勘違いしやすいと思うのですが、毎日100分プランとは、

毎日25分のレッスンを4回受けれるということです。
よって、同じ先生から4レッスン連続して受講するという意味ではないのです。
生徒は「何時から」「どの先生」のレッスンを受けるかを自由に選べます。

例えば、朝に2レッスン、夜に2レッスン。こういう予約の方法もできます。
そしてその4レッスンは全員違う先生も可能です。もちろん同じ先生も可能です。

ただ、先生の予定表がオープンの時間しか予約ができませんので、
同じ先生に教えてもらいたいと思っていても、思うようには予約が取れないことも多いです。

でもそれはたくさんの先生の授業を受けれるというメリットでもあるので、
マイナスに考えることもないかもしれません。

予約キープできる日数(回数)に制限がある

これが毎日プランの一番の大きなポイントです。
具体的にまとめると、以下のとおりとなります。

毎日プラン:予約キープは最大4日分
平日プラン:予約キープは最大3日分
週末プラン:予約キープは最大3日分
更に詳しく説明します。

例えば毎日プランの場合、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、の予約をしていたとしたら
次は月曜日の授業が終わらないと取れません。

老师
老师

ちなみに1日何分プランかは関係ないです。
毎日50分(2レッスン)プランなら50分を1日として4日分まで。

この予約制限があるおかげで、生徒側はものすごい戦略を練って予約をしなければならないのです。

なぜなら人気のある先生は、1週間分程度の予約はすでに埋まっているからです。
自分が毎日プランを契約していても、目当ての先生の授業を受けれる回数は限られるでしょう。

上の例の場合、月火水木はA先生の予約していても、月曜日のレッスンが終わった段階で
すでにA先生の金土日の予約は全部埋まっており、あなたは予約ができない可能性があるのです。

そのため毎日プランを契約すると、自動的にいろんな先生のレッスンを受けることになります。

歩々
歩々

私も毎回、予約戦略に頭を悩ませています

管理人の予約戦略を公開

私は現在「平日25分プラン」です。

私の場合、メインで教えて頂いているK先生の予約を優先して取るようにしており、
K先生の予約が取れない日は、空いている先生をその都度探して予約しています。

平日25分プランの予約キープは3日分です。

・月火水をメインのK先生。
・木金は予約が空いている先生の中から選ぶ。

と、このような戦略になっています。

月曜日の授業が終わった時点で、すでにK先生の木金の授業は満員のため取れません。
よって、

・K先生の月曜日の授業が終了→K先生の来週の月曜日の授業を予約
・K先生の火曜日の授業が終了→K先生の来週の火曜日の授業を予約
・K先生の水曜日の授業が終了→空いている先生を選び木曜日の授業を予約
・木曜日の授業が終了→空いている先生を選び金曜日の授業を予約
・金曜日の授業が終了→K先生の水曜日、空いてなければ木曜日の授業を予約

このような感じで予約をしています。
予約システムに慣れて自分なりの予約戦略を確立していくことになります。

K先生とはじっくり教科書を使って授業を受けており、
その都度変わる先生方とは主に単語帳を使って会話練習をしています。

予約システムのちょっとした裏技

人気のある先生は予約が埋まるのがとても速いです。
授業が終わると次の授業を予約するという流れになりますので、
狙っている先生の空き枠があとわずかしかない、というような状況だと

「くぅ・・・今日の授業、早く終わって次の予約したい」という心理になります。

そんなあなたに少しでも予約が取りやすい裏技をお教えします。
実は、次の予約は、授業が開始した時間を経過するとできるようになるのです。
つまり、21時~21時半の授業を受ける場合、21時から予約が可能になります。

まとめ

いかがでしたか?

毎日プランはお得な料金制度ですが、予約制限があるため、
あなたは予約戦略に頭を悩ませることになるでしょう。

いろんな先生と毎回楽しくお話しできていいじゃない

こう思うポジティブ思考の方には更に毎日プランはおすすめですね。

それでは今日はここまで

老师
老师

晚安,再见!

コメント

タイトルとURLをコピーしました