今晚的月色很美(今夜の月はとても美しい)

歩々の授業風景

2021年5月26日は、スーパームーンと皆既月食が重なった日でした。
しかし残念なことに、日本の大半では空が曇っており、見れなかった人が多かったですよね。

私も残念ながら見れませんでした。

歩々
歩々

很遗憾!

今回は、私の授業風景を少し楽しくお話したいと思います。
よければ読んでくださいね。

スポンサーリンク

今晚的月色很美!

スーパームーンの前日、授業中に先生がやたらと右側(たぶん窓の方)をちらちら見ているので、なんだろうと思っていたら、

老师
老师

月が変なんです

変って何!?

と思ったのですが、どうやら赤っぽくて大きくて不思議な感じだったみたい。
次の日が満月だったので、かなり大きな月だったのでしょうね。

中国の方達って、一般的に高層マンションに住んでいます。
確か先生も高層階暮らしだと聞いていたので、レッスンしながら窓の外を見たら月が見える。
そんなシチュエーションなのかなぁ。

そこで先生に、質問してみました。

「月が綺麗ってどう言いますか?」

すると先生は、

「月亮很漂亮」でもいいし、「月色很美」も言いますよ
 
老师
老师

今晚的月色很美!

なんとなく、私は「月色很美」の言いまわしが素敵だなと思いました。


そしてその2日後の授業で、

昨日のような赤い月を「血月(Xuè yuè)」と言いますね

「血月」だなんて、なんだか火サスのテーマ曲が聞こえてきそうな言葉じゃないか。
月蝕は「月全食」だって。

日頃のさりげない話題も勉強になり、楽しく勉強ができています。

スポンサーリンク

まんまるな月

また違う日のレッスンにて。
この先生はさっきの先生とは違う先生ですが、「满」という字がたまたまテキストに出てきた時に、

满月的月亮,非常圆(満月の月はまんまる)
という例文を言われて、これも先日のスーパームーンのイメージだろうな〜などと思って聞いていました。

山月記

先生とそんな話をしていてふと頭をよぎったのが、中島敦著の「山月記」。
国語の教科書に載っていた有名な小説ですよね。

はて、たしか虎になる話だったよなぁ・・・と思いながら気になって全文読んでしまいました。

偶因狂疾成殊類 災患相仍不可逃 
今日爪牙誰敢敵 当事声跡共相高 
我為異物蓬茅下 君已乗軺気勢豪
此夕渓山対明月 不成長嘯但成嘷

月の光が照らす森の中で、虎になった李徴が読むこの漢詩は悲劇を感じさせます。

最後に

数回同じ先生とレッスンをして人間関係が育つと、時にはまったり雑談の時間などが生まれることがあります。

先生と仲良くなってきたら、ますます楽しくなってきますよ^^
勉強としての中国語だけでなく、日頃の中国の雰囲気を楽しめるのもオンライン授業の醍醐味ですよね。

中国の祝日の日など、爆竹の音が聞こえることもあります。

そんな時先生は、
「うるさいでしょ。なんで爆竹なんかするんでしょ、中国人よく分かんない」
と、時には自虐的に言っておられたりして面白いです(笑)

それでは今日はここまで。
この記事が少しでもよいと思って頂けたらブックマークなどして頂けると嬉しいです!

歩々
歩々

晚安,再见!


コメント

タイトルとURLをコピーしました